「国語」を学んだ先にあるもの - 湊川の個別学習塾【まんてん個別指導塾】

  • 資料請求
  • 無料体験

ブログ

湊川教室

「国語」を学んだ先にあるもの

2021.01.14

突然ですが、「国語」を学ぶことによって何になると思いますか?

 

日本の国語とは要するに「日本語」のことです。
海外の「国語」はもちろん英語圏ではEnglishになり、フランスならFrancaisになります。

 

日本で生まれた日本人にとって日本語は、
物心ついたころには勉強した覚えがなくても身についている「習慣」で会得した言語です。

 

習慣で会得したものを「改めて体系立てた『学問』として学びましょう」ということなので、
余計に抵抗感が生まれるのも無理のないことかもしれません。

 

「こんなの何に役立つのか」
「やって意味があるのか」

 

そんな声が聞こえてきそうです。

 

しかし、私は日本語を改めて学ぶことには間違いなく価値があると思っています。
ここからはその実用性における意味ではなく、「価値」に視点を置いて考えてみてください。

 

言語というのは「生き物」同様変化し、進化し続けるというのはご存知でしょうか?

 

もちろん実際に紙に書いた文字がうにょうにょと動いて歩き出すという意味ではありません。(笑)
大きくは時代によって使われている言葉が異なり、細かくは日々新しい言葉が生まれ、消えていっているという意味です。

 

日本語は世界でも珍しいそのルーツが確定していない言語であり、学習者でない限り他の国で話されることはありません。

文構造をとっても世界的に話者の多い英語やスペイン語、中国語などと違っています。

 

これを知って不便と思う日本人も多いでしょう。
日本人が相対的に外国語が苦手なのも、ここに原因の一端があります。

 

しかし、「価値」に重点を置いて日本語を見てみるとどうでしょうか?

 

日本語の特異さや希少性に惹かれてそれを学問として研究する人がいます。
日本語の音に魅せられて日本語を学ぶ人が世界中にいます。
日本語を母国語として話す日本人の精神性や独特の感性に惹かれて毎年多くの人が日本を訪れています。

 

これだけでも日本語を母国語として持つ自分たちを少し誇らしく思うことはできないでしょうか?
日本語が他の言語より優れている、劣っているの話をしたいわけではありません。
それぞれの言語に特徴があり、その言語を話す人たちに独自の感性があります。

 

「国語」すなわち私たちにとって「日本語」を学ぶことは、日本の歴史を尊ぶことであり、
世界の様々な文化文明と日本の違いを認めて学ぶ起点になりえるのではないでしょうか。

 

色々な観点から物事が考えられるように子供の成長を促すお手伝いをさせていただければと思います。

同じカテゴリーの記事

湊川教室

学年末テスト対策実施中!

2021.02.28

こんにちは、まんてん個別 湊川教室です。   各学年、学年末テストに向けて勉強中かと思いますが、湊川教室でも土日のテスト対策を実施しました。   机とホワイトボード以外に何もないので、「家だと集中でき […]

詳しく見る

湊川教室

祝・私立入試、推薦入試合格!!

2021.02.20

私立受験の合格報告が続々と届いています。   公立受験がある生徒もまだまだ多いですが、ひとまずお疲れ様でした。   今年は、コロナによる影響で学校が休校になって授業ができなかったりと、生徒は大変な思い […]

詳しく見る

湊川教室

湊川中学校周辺のおすすめ塾

2021.02.12

湊川中学校周辺の塾紹介   ◇個別指導スリーアップ(兵庫中央教室)   授業形式 1:2完全個別授業補習 対象学年 小1~小6、中1~中3、高1~高3 最寄り駅 神戸市営地下鉄湊川公園駅 住所 神戸市 […]

詳しく見る

湊川教室

なぜ宿題をする必要があるのか?一緒に考えてみましょう!

2021.01.14

今回は、皆が嫌いな、課題・宿題について考えてみたいと思います。   まんてん個別では、宿題の量をかなり多く出しています。   人によって差はありますが、授業前にササッとやれば終わる量ではないので、毎回 […]

詳しく見る

湊川教室

【1%】何の数字かわかるでしょうか?

2021.01.02

いよいよ冬休みが始まります。 例年と全く違う1年になりましたが、1年をしっかり締めくくり、気持ちよく新たな1年を迎えたいものです。     さて、タイトルにもある通り、今回は【1%】という数字について […]

詳しく見る
  • 教室見学・無料体験はこちらから
  • システム・授業料をお問い合わせはこちらから