あと1か月! - 明石の個別学習塾【まんてん個別指導塾】

  • 教室案内
  • 資料請求無料体験

ブログ

西新町教室

あと1か月!

2023.12.01

こんにちは。
まんてん個別西新町教室です。

期末テストも終わり、早いもので12月に入りましたね。
1年で行事も、勉強も、部活動も1番ボリューミーな2学期があと数週間で終わります。

大人も子どもも年末年始の休みをめがけて頑張る12月になるかもしれませんね。

さて、件名にも「あと1か月!」とありますが、
皆さんは勉強するときに、期限とゴール「具体的に」考えられていますか?

特にテスト前などは顕著ですが、お子様の多くはこれを混同してしまっているケースが多いように感じます。

「〇日に提出があるから、それまでに終わらせる!!」

これが悪いわけではありません。
兵庫県の入試では得点における内申の比率が50%ありますから、「宿題を期限を守って出すこと」は正義です。
そういう意味で期限を守る、という心意気、素敵です。

ですが、定期テストはもちろん、受験など、中身のことも考えてみてはいかがでしょう。

「中3の3月までに中学校3年間の内容を完璧にする!!」

「いや…、まぁ…うん。それはそうやねんけども…。」となると思います

これは極端な例ですが、これくらい抽象的なことを掲げるお子様、結構いらっしゃいます。
それはある意味で仕方のないことです。
仕方のないことですが、出来るようにならないといけないことでもあります。

 

ですので、そういったお子様には

①いつまでに(期限)

②何を(アプローチする対象)

③どうやって(方法)

④どうなっていればOKか(クリア条件)

⑤クリア出来たら?(ささやかなご褒美)

をしっかり考えるように促してみてあげてください。

例えば「あと1か月」で考えてみましょう。

①12月31日までに

②2学期の英単語を

③まず教科書の覚えてない単語をピックアップして
 1日Unit1つずつ覚える時間を取ってそれを最低3周する。

④意味は押さえている状態、スペルは8割の単語が書ければOKとする

⑤お年玉をいつもより多く使って高いもの買う。

などはどうでしょう。

おおざっぱに例を書きましたが、
ポイントを挙げるなら「抽象的な言葉」をなるべく使わせない、ということです。

よく成績上げるために「勉強します」という生徒がいます。
それは部活の試合で活躍するために「練習します」と言っているようなものです。

毎日みんなと部活で練習しても試合で活躍できない、
場合によっては試合に出れてすらない、そんな状況にあるのに
「練習する」を解決策にするの? それって思考停止していますよね。となると思います。

勉強も同じです。

極論で頑張れるなら、とっくの昔から頑張っています。
(もちろん努力ゼロのお子様は、まず努力1にしないといけませんが…)


だから1回しっかり考えてみるんです。

大人が考えるものみたいにしっかりしていなくてもOKです。
考えてやってみることに1つ意味があります。

でも、①②、⑤を考えることはできても、
③④を考えることってなかなか難しいですよね。

そういうときのための塾です。
教室長もそうですが、教えてくれる先生たちもいろいろ苦労してきました。

「できる」という経験はお子様よりも多くしているかもしれません。
ですが、お子様よりも「勉強に苦しんだ経験」もあると思っています。
そこをどうクリアしたのか、どう向き合ったのか、お伝えできることがあると思います。

勉強のことでお困りのことがあれば何でもご相談ください。
一緒に「具体的な計画」を考えてみましょう。

 

同じカテゴリーの記事

西新町教室

目標をもつことの大切さ

2024.05.28

詳しく見る

西新町教室

定期試験対策を実施しました!!

2024.05.15

詳しく見る

西新町教室

1ヵ月が経ちました

2024.04.26

詳しく見る

西新町教室

新学年・新学期が始まりました!!

2024.04.15

詳しく見る

西新町教室

学年末テスト目前!!

2024.02.16

詳しく見る
ind_img1.jpg
ind_img2.jpg
ind_img4.jpg
ind_img5.jpg
  • 教室見学・無料体験はこちらから
  • システム・授業料をお問い合わせはこちらから